千曲市の耳鼻咽喉科、アレルギー科、難聴補聴器、めまいかつの耳鼻咽喉科ロゴ

梅雨入~8月は、めまい・耳鳴り・難聴に気をつけましょう。

梅雨入してから、この数日でめまい、耳鳴り、耳閉感が増悪して、受診される方が急に増えています。突発難聴の方も数名いらっしゃいました。

高い山へ行くとポップコーンの袋が膨れるのと一緒で、梅雨の長雨や台風などの低気圧が続くと、内耳(三半規管)はリンパの風船なので、浮腫(腫れて)を起こし周囲の骨に圧迫されてしまい、不快な耳症状(めまい・耳鳴り・耳閉感)が出やすくなります。

暑さで脱水傾向になると、人間の体は脳や肝臓などの重要な臓器に優先して血液を回すため、耳や指先などの末梢への血流が減少してしまうのです。このため、毎年のことですが、暑くなって、脱水による熱中症搬送のニュースが聞こえる頃になると、さらに、めまい・耳鳴りの患者さんが増えてきます。

症状が軽いうちは薬で再発予防も可能です。水分補給と早めの受診をおすすめします。