千曲市の耳鼻咽喉科、アレルギー科、難聴補聴器、めまいかつの耳鼻咽喉科ロゴ

小児の風邪予防と鼻吸引

ここ数週間は寒暖の差が大きいため、鼻風邪や温度変化による鼻炎の患者さんが増えています。

 

鼻はからだの加湿器ですから、鼻風邪や鼻炎で鼻がつまると口呼吸になり、乾燥した空気が直接気道に入るため、のど風邪やインフルエンザをもらいやすくなります。

 

上手に鼻をかめない小さなお子さんは、大人より風邪をもらいやすくなるので、鼻吸引が効果的です。先が丸くなっている吸引管で鼻水を吸うので、痛くはないのですが、吸うことによってびっくりして最初はいやがるお子さんも多いです。でも2~3回続けると上手にできるようになり、最初はいやがっていたのに今ではすすんで鼻水を吸って帰るお子さんもいます。

 

鼻づまりで口呼吸のお子さんには、飲み薬の治療に鼻吸引の治療の併用がおすすめです。